生活

ぬか床育成。美味しい漬物ライフ

投稿日:

毎年夏に近づき暑くなる日々が続きます。それと同時に食欲も落ちてしまいます。健康のためにもとりあえず食事はしておかないと体力が落ちたりもします。しかし重いものを食べるのはちょっとと考えてしまい更に食欲がなくなります。そんな時にぬか漬けがあればすぐに食べられ健康にも良いためオススメしています。ぬか床を一から作ると考えるとめんどくさいと思ってしまいますが、そうでもありません。最近のぬか床セットはとても優秀なので紹介します。

ぬか床を用意する

必要なもの
・ぬか
・タッパ(100均などのタッパで良い)
上記2点で大丈夫です。たったこれだけでぬか床が完成するのです。

ぬかを用意するにはスーパーでぬか床用のぬかを購入するか、最近では通販でも売っています。筆者は毎度Amazonで購入しています。

いろいろと種類があり迷うかもしれませんが、評価が高いやつで大丈夫と思います。

今回筆者が購入したもの

Amazonで購入しました。みたけ 発酵ぬかどこ 1kg 758円
こちらの商品はこの袋の中に直接野菜を入れてぬか漬けが作れる便利品です。
よってタッパは不要になります。

本当に便利です。縦に長いため幅も取りません。管理は冷蔵庫でOKです。かき混ぜるのは一週間に1回だけで大丈夫なため毎日かき混ぜないといけないの?という疑問はないです。

欠点としては縦長なため野菜を入れにくい混ぜにくいです。もしこれを購入された方で同じことを思うのであれば中身をタッパに入れ替えて運用しましょう。

恐らく筆者も何回か利用し不便と思ったら入れ替えると思います。

今まで使ったぬか床

全てAmazonで購入した品物になります。
樽の味 漬けもん屋のカンタンぬか床セット
>これには本当にお世話になりました。これを購入すれば届いた日から本格的なぬか漬けライフの始まりです。タッパが少し大きめですので冷蔵庫の空き容量を確認しておきましょう。

旨味を出す付属品もセットになっているため味を変えることも可能です。辛味が強い方が好きであれば唐辛子を入れたりも可能です。唐辛子はオススメです。

伊勢惣 仕上りぬか床タル詰め 2.3kg
>THEぬか床と呼べばいいのかわかりませんが今まで試した中で一番使い勝手がいいです。こちらもタッパが一緒についてきます。横幅、高さもあるため場所を取りますが、初心者であれば迷わずこれを買ってよいと思います。

野菜を入れやすい、取りやすい、ぬかを混ぜやすいどれを取っても使う人を考えています。迷ったらこれを買う!

樽の味 漬けもん屋の熟成ぬか床3袋セット+漬物専用調味料セット
>ぬか漬けを漬け続けると当然ながらぬかが減ってくる、水分が出過ぎて味が薄くなったりもします。そんな時はぬかを足してあげる必要があります。基本的にはぬかを購入した所のぬかを使うのが一番です。美味しいぬかであれば漬物を美味しくなる素晴らしい。

ぬか床の育成

ぬか床の準備ができました。さっそく野菜を付けてぬか漬けに!と思ってしまします。それで大丈夫です。しかし、1〜3回程に関しては塩っ辛くなってしまうため少しだけ短めに漬けると良いかも知れません。

筆者は古漬けが好きなので、きゅうりであれば2〜3日漬けてから食べています。しょうがとよくあってなまら美味しいのですよ!お茶漬けにすれば食欲ない暑い日もバッチリです!

1〜3回ほど試しに漬けてみて辛味が欲しい場合は唐辛子を入れてあげると良い感じのピリっとした漬物になります。
樽の味 漬けもん屋のカンタンぬか床セット
上記の物であれば初めから唐辛子などが付属しているので試しやすいです。少しずつ入れては漬けて丁度良い自分だけのぬか漬けを作ってください。

筆者は市販の唐辛子2袋をぬか床にいれて辛くしています。うまいです。

ぬか床がびしょびしょに

ぬか漬けを何度もしていると水分がどんどん野菜からでていき、ぬか床がびしょびしょになります。

そうなると味も落ちてしまい、2〜3日漬けたのにも関わらず味が薄い、風味も悪くなってしまいます。

そんな時は、食器洗いのスポンジなどを入れてスポンジに水分を吸引させて取り除きましょう。クッキングペーパーでも良いかと思いますが、スポンジがやりやすかったです。

ぬかが減っているのであれば新しいぬかを足して水分調整するのも良いでしょう。

ぬか漬けのオススメ野菜

ぬか漬けの野菜は何が良いでしょうか。筆者のオススメを紹介します。

・きゅうり
>定番のきゅうりです。シンプルで一番漬かるのが早いです。18時間ぐらいで食べれるようになります。冷蔵庫ではなく室内で管理する人であれば8時間ぐらいで食べれるかと思います。

2〜3日放置して古漬けにするのも良いでしょう。しょうがとの相性が抜群です。
早く漬けたい時は半分に切って漬けると良いです。

・茄子
>こちらも定番かと思います。1〜2日で食べれます。色が変色しやすいため、高木金属 鉄玉 ぬか漬け 鉄分補給 日本製 南部鉄器 鉄ナス NZ-TNなどを一緒に入れておくと変色しにくくなったりもします。

変色する時はしますので注意です。
茄子は縦に切って漬けると良いです。

・カブ
>カブは漬かりにくいです。感覚としては3〜4日漬けた方が美味しいです。半分に切って、隠し包丁ではないですが切り目を入れる方がより美味しく漬かりました。

・オクラ
>こちらも3〜4日漬けます。さっぱり風味良く漬かるためオススメです。小さいので場所も取らないため何かと一緒に入れておけば美味しく食べることが可能です。

山芋のすりおろしなどと一緒に食べても良いです。

・山芋
>4〜5日漬けます。皮を剥いて半分に切り漬け込みます。これは最高です。酒のアテにも抜群です。食べる時の大きさはおまかせしていますが、筆者は少し薄く切りちびちび食べるのが至福です。

・大根
>The漬物の大根です。1〜2日漬け込むと良いです。これは説明せずとも美味しいのは皆様にもわかると思います。歯応えもあるため食欲ない時には是非食べてください。

・にんじん
>1〜2日漬けます。野菜スティックは全てぬか漬けしたにんじんを入れるべきと言えるぐらい美味しいです。これが本当にあのにんじんなのかと思うほど美味しいです。

ぬか床育成。美味しい漬物ライフまとめ

夏ではない時にでも身近ですぐに漬物が食べれる環境というものはとても良いです。絶対市販の物を購入するよりも美味しいです。

ぬか漬けを食べることは腸内洗浄にもなりお通じが良くない人にも効果抜群です。食べ始めると本当にお腹がスッキリします。

管理がしんどくなってきたなと思えばゴミの日に捨ててしまえば良いのです。そしてまた食べたくなれば購入すれば良いだけなので気軽に挑戦していただければと思います。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-生活
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.