Apple iPhone

スクリーンタイム 通話/通話の制限

投稿日:

iOSを最新にした状態でスクリーンタイムを見てみると項目が増えていました。通話/通話の制限項目です。これまた新しい項目のため紹介致します。

スクリーンタイムとは?

機能制限を設定する項目で、夜iPhoneのアプリなど使用不可にしたり、1日ゲームは1時間という設定も可能です。また、アプリ内課金、アプリのインストールをしない制限も可能です。

お子様が居る家庭であれば設定されている人が多いです。アプリは対象年齢何歳までのを利用可能か、ネット閲覧のアダルトを規制したりです。

パスコードを設定することで勝手に設定変更を防ぐことも大事です。

ファミリー共有を設定していれば親のiPhoneから子供のスクリーンタイムを閲覧可能です。また設定変更もできるため子供の悪用を防ぐことも可能です。

通話/通話の制限

今回新しく追加されたこちらの機能は優秀です。メリット、デメリットを解説します。

「制限は電話、FaceTime、メッセージのiCloud連絡先に適用されます。あなたがお使いの通信事業者によって特定された即知の緊急電話番号への通信/通話は常に許可されます。」

休止時間外

「休止時間外にあなたが通信/通話できる相手を制限します。」

休止時間外の設定のため注意してください!日中普段使いの時に制限をかける設定です。

【例】
仕事中、電話がかかってきても電話に出れない、不要な電話が来ても困るという人が設定するべきです。

・連絡先のみ
>iCloud含む連絡先に登録されている人からの連絡であれば着信が可能です。

・連絡先および連絡先に登録された人を少なくとも1人含むグループのみ
>連絡先の設定にグループを設定可能です。そのグループのみの着信を可能にします。
・すべての人
>連絡先登録以外も着信可能です。いわゆる普通の設定です。通常であれば「すべての人」で問題がないです。

休止時間中

「休止時間中にあなたが通信/通話できる相手を制限します。」

【例】
夜知らない番号からの着信を避けたい。お子様のiPhoneへの発着信を避けたい。そんな時に設定をします。

・指定した連絡先
>連絡先から選択するのか、新規連絡先を追加し発着信可能な相手を選ぶ必要があります。個別に選択できるため信頼度は高いです。

・すべての人
>すべての人から着信があります。通常の設定はこちらになります。

休止時間を設定する

上記の設定を完了し、休止時間中も設定をしました。今のままでは開始されません。スクリーンタイムの「休止時間」を設定する必要があります。

休止時間をオンにすると毎日なのか、曜日別に設定するのかを選びます。曜日別であれば1週間全体でiPhone利用可能時間を設定可能です。

土日の休みだけは使用可能時間を伸ばすなども可能です。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple, iPhone
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.