パソコン・周辺機器 生活

ソフトバンク光の回線速度低下

投稿日:

今月SoftBank光の回線障害により繋がらない時期がありました。しかし、3月頃から回線速度低下はあります。回線速度低下についてSoftBank光へ連絡するも全く繋がらない、昨日電話をずっとしているとやっと繋がりました。内容の確認と改善策について話をしましたので紹介します。

回線速度低下の原因

SoftBankによると今回の回線速度低下については他の利用者からも毎日のように連絡が来ているとのこと。
ちなみに筆者の現在の回線速度は下記画像です。

38Mbpsとこの時はまぁ良い方だとは思うのですが、ひどい時は0.8Mbpsまで落ちてしまいます。こうなるとネットも動画も見ることもできないです。

速度が落ちる原因としては新型コロナウイルスによるステイホームにて大勢の人が光回線を利用しています。そのため速度が急激に落ちてしまうとのこと。現状復旧は難しく我慢してとのことです。

回線速度低下の改善方法

現状のSoftBank光の回線速度は上り/下り100Mbpsです。これを光BBユニット変更することで上り/下りは1Gbpsになるとのこと。10倍の速度という期待値が確保できるのであれば良いのでは?と思います。

光BBユニットを設置費用は毎月513円です。

BBユニットを設置することにより現在のインターネット回線「IPv4」というものを「IPv6」に変更することで回線速度が上がります。

ひとまず契約して試してみることにします。1週間後にBBユニット届き接続後1週間ほどでIPv6に自動で切り替わると説明を受けています。

IPv4とIPv6の違いとは?

・IPv4
インターネットに接続しているパソコンにはそれぞれ識別をするためにIPアドレスという住所が設定されています。IPv4はIPアドレスを32ビットのデータとして表現しアドレス総数は2の32乗個(42億9496万7296個)です。

約43億台のパソコンがインターネットに接続できると思ってください。43億もあれば十分では?と思う人が多いですが現実は約43億あっても足りないようです。どんだけパソコンが世の中にあるんだと恐怖します。

・IPv6

IPv6はIPアドレスを128ビットのデータとして表現しアドレス総数は3.4×10の38乗個(約340澗)です。正直単位としては高すぎるため澗でもIPアドレス足りない時が来る日はあるのかです。

単位:万、億、兆、京、垓、ジョ(感じで書くとサーバUPできない)、穣、溝、「澗」←ここ

IPアドレスという住所が多すぎるためIPv4と比べると圧巻です。IPv6であればIPアドレスを取り合う必要もなく、回線も混雑していないためさくさくインターネットができると思われます。

ソフトバンク光の回線速度低下まとめ

まだ未検証のため光BBユニット接続後にどのように変化があるのか非常に楽しみです。有線接続、Wi-Fi接続共に回線速度があれば512円の支払う価値があります。

SoftBank光の人に期待値を聞いても試してみないとわからない返事のため不安でもあります。500Mbps以上行けばかなり快適になると思うので楽しみにしておきましょう。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-パソコン・周辺機器, 生活
-, , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.