Apple

個人情報を守るApple IDセキュリティについて

投稿日:

既にApple IDお持ちの方、これからApple ID新規作成する方も必ずApple IDにセキュリティをかける必要があります。個人情報を守るセキュリティタイプについて解説します。

Apple IDセキュリティとは

Apple IDとパスワードでサインインに進むと必ずセキュリティ認証が出てきます。秘密の質問の答えを求められたり、確認コードの入力を求められます。
※アプリの購入はセキュリティ入力はありません。
秘密の質問、確認コードの認証が完了するとサインイン完了になります。

Apple IDセキュリティを設定しないと万が一Apple IDとパスワードが第三者に漏れた場合個人情報が漏洩します。そのためにセキュリティをかける必要があります。
次は各セキュリティタイプについて解説致します。

2ファクタ認証

サインイン時に確認コード6桁を入力する必要があります。
確認コードは使用しているデバイスもしくは電話番号に確認コードが表示されます。どちらかを入力しないかぎりサインインができないため注意です。

確認コードが受信できない場合
・一度も使用しているデバイスでサインインをしたことがない
・2ファクタ認証時に登録した電話番号が機種変更時などで変更している

機種変更であれば以前のデバイスが手元にありWi-Fiに接続可能であれば問題ありません。以前のデバイスに確認コードが届きます。

問題は、以前のデバイスなし、電話番号変更済みの場合です。
この場合はApple IDを管理にてアカウント復旧申請が必要になります。アカウント復旧はおおよそ数日〜数週間かかる作業になります。
アカウント復旧完了後、電話番号を今の番号、他の番号へ変更していただければ確認コード受信でき再び利用可能です。

アカウント復旧中のApple IDでデバイスにサインインしていない状況であれば一時的に別のApple IDを作成しアプリだけインストールすることは可能です。
もしサインインしているiPhoneなどがある場合はそのデバイスはモバイルデータ通信、Wi-Fi接続は禁止です。

アカウント復旧作業が、今サインインしているデバイスあるため不要ですよね?となってしまいアカウント復旧が中止されます。
そのため必ずApple IDでサインインしているデバイスがあれば電源切るか、Apple IDサインアウトなどが必要です。

2ファクタ認証は推奨されるのか

推奨します。理由としては必ず信頼できるデバイス、信頼できる電話番号でしか認証できないためです。Apple ID、パスワードが漏洩しても第三者は確認コードの受信できないです。自身のデバイス宛に確認コードが届きそれを相手に教えてないといけないからです。

そのため推奨します。大事な個人情報を他人に見られたくないため必要です。

第三者から変更される不安

2ファクタ認証とは別に2次認証というセキュリティがあります。こちらはApple IDとパスワード入力し秘密の質問の答えを入力し認証完了です。

筆者自身あまり聞かない話ではあるが、2次認証にしてApple IDとパスワード、秘密の質問の答えまで漏洩された人がいます。この方がどうなったかというと第三者のデバイスにサインインし2ファクタ認証に変更されていました。

もちろん信頼できるデバイス、信頼できる電話番号は第三者のものが使用されています。こうなるとAppleでも個人情報保護、漏洩防ぐためにどうすることもできないとのことです。Apple側でApple ID停止してもらうことは可能ですが、利用者は1からApple ID新規作成する必要があります。

これほど悔しいことはありませんし怒りが収まりません。そのため2ファクタ認証をできるだけ早く設定し情報を守りにいく方がよいかと思います。

Appleコールセンターに他に手段はないのかと聞いてはみたが無理なようです。

2次認証

4、5年前ほどにiPhoneなどを購入しApple IDを作成されたかたは思い当たるセキュティです。Apple ID新規作成時に秘密の質問3つ作成しています。ペットの名前は?その答えとかです。

現在Apple IDをiPhoneなどのiPhoneへサインインから新規作成時は設定できません。iTunes Storeからであれば可能です。
他のApple ID新規作成方法の場合は、Apple IDを管理から新規作成をしていただけると設定できます。

2次認証は推奨されるのか

推奨しません。
上記2ファクタ認証にて記載はしていますが、はやり個人情報をより強固なセキュリティで守るのであれば2ファクタ認証がいいです。

難しい秘密の質問をしているから大丈夫という人もいるかと思いますが、どのようにして情報が盗まれるのかは検討がつかないです。頻繁に質問内容を変更するのであれば別ですが手間がかかります。

Apple IDセキュリティまとめ

2ファクタ認証、2次認証について説明しました。
結論からお伝えすると2ファクタ認証にするのが正解と思います。万が一Apple IDとパスワードが漏れても第三者に確認コードが届かないし、それを教えない限り相手は何もできません。かなり強みになると思います。

また、サインインするときに秘密の質問をいつまでも覚えてられないです。筆者はもう忘れてしまいました。答えを入力するのも手間ですので確認コード6桁入力しすぐにサインインできる2ファクタ認証に軍配があがります。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , , , , , , , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.