生活

現金給付の行方

投稿日:

現金給付の方法が変わりつつある現状でこの先どうなるのか、そもそも条件は何?と思う人が大勢います。筆者も同様で確定した情報がないためどれが正確な情報なのか掴めておりません。分かりえる情報をまとめました。真実ではない可能性があるため注意です。

対策

・ネットを見ていると一定の条件に該当する国民1人当たり10万円支給とあり、収入減証明書など必須とせずに審査簡易化を受け付ける。生活困難者または収入減減少者に該当しない所得者からは年末調整、確定申告で実質的に返金してもらう方法です。

この情報は本当なのか?と疑問が残るためこんな情報があっただけの記載です。

・1世帯30万円の現金給付の声もあるが条件が厳しく対象が絞られるためその差はどうするのか、不公平という声が大きく出るかと思われる。

・市区町村の審査時は長蛇の列が心配されます。またどの条件に該当すれば現金給付何円とわかるようにしてもらいたい。行くだけ行って何もないとなれば時間の無駄でもある。一刻も早く明確化にするべきだ。

・また、電子マネーを利用した給付方法も見ましたが、これはないのでは?と感じました。オンラインを利用する申請は悪用も含め慎重になるべきだ。

・生活困難者への対策が最優先とあり月8万以下の所得者もあったがこれは変わるのは確定です。しかし、条件に関してはやはり国民全員に行き渡らないものかと思います。申請に関しても企業にしろ長引くのかと思います。

・明日再度会見あるためそこで重要な発表が確認できれば一番ですがどうなることか。

・派遣切り、契約打ち切りなど仕事を失った方への対応を急ぐべきです。再就職も現状難しいかと思います。外出するリスク、現在の生活の対応も非常に厳しいかと思います。

海外の給付状況

海外の現金給付状況を見てみると一見10万〜30万給付しているように見えますがリストを見てみると条件が厳しく給付を受けるにも条件が必須です。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-生活
-, ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.