生活

10万円給付金の申請方法

投稿日:

新型コロナウイルスによる経済対策として1人あたり10万円支給をする特別定額給付金申請がいよいよ必要になってきました。5月1日から開始されているものの自治体によって開始時期はばらばらです。もしお住まいの地域で受付開始になった場合の手順を簡単にまとめてみました。

オンライン申請をする

※申請は世帯主のみ行うことが可能です。世帯主が不明の時は調べる必要があります。

オンライン申請に必要な物
・ICカードリーダーを接続したパソコン
・マイナンバーカードの読み取り可能なスマホもしくはiPhone
・マイナンバーカード(マイナンバーの磁気カードのため注意。通知カードは不可)
・利用者証明用電子証明書の暗証番号「4桁」の数字
・署名用電子証明書の暗証番号「6〜16桁の英数字」
・振込先の金融機関、口座番号、口座名義人がわかる通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの写し

スマホもしくはiPhoneから申請する場合は専用のアプリ、「マイナポータルAP」アプリをインストールする必要があります。

※対応機種
iPhone7以降(iOS13.1以上)
Andoroidに関しては携帯会社で販売されている多数の機種が対応しているとのこと。Andoroidの場合は事前に要確認が必要です。

申請手順を確認する

PCのICカードリーダーを所有している人はあまり居ないと思うので「マイナポータルAP」アプリでの操作方法を説明します。

・「マイナポータルAP」アプリ起動をします。
・「ぴったりサービス」を選択します。
・お住まいの郵便番号もしくは市区町村を入力します。
・特別定額給付金にチェックし「この条件で探す」を押します。
※自治体でオンライン申請開始中であれば、チェックボックスが表示されます。
※申請開始前であれば準備中と表示されます。

・お使いのOS、ブラウザバージョン、署名用電子証明書の暗証番号など条件が一致しているか確認画面表示されます。
※署名用電子証明書の暗証番号が忘れている場合、5回間違えるとロックがかかり解除には市区町村窓口に行く必要が出てきます。

・申請者の情報を入力します。マイナンバーカードから読み込むことも可能です。

・給付対象者の名前を入力します。複数人の場合は全員分入力が必要のためここは要注意です。

・振込口座情報を入力します。ここで通帳などの写しが必要になるため携帯で写真を撮影し「ファイルを選択」からアップロードをします。

・マイナンバーカードのセットと表示されカードを読み取ります。
・パスワード入力が求められるため署名用電子証明書の暗証番号を入力します。
※5回間違えるとロックがかかります。注意です。パスワードは全て大文字です。

・最後に送信を実行画面が表示され送信すると完了です。

郵送で給付金申請をする

郵送での方法を確認したかったのですが、筆者の家にまだ郵便が届きません。

郵便に関してはパスワードなどの情報もないため届いた申請用紙に必要事項を記載し返送です。

・世帯主の情報
・給付対象者に情報
・受取方法の記載(振込口座情報の入力)
・申請者本人確認書類の写し貼り付け
>運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、年金手帳などのコピーが必要です。
・振込先金融機関口座確認書類の写し貼り付け
>口座番号が書かれた部分の通帳コピーまたはキャッシュカードのコピーなど
・チェックリストに間違いがないかチェック

上記を完了させ郵送し申請完了です。

支給日に関しては市区町村により異なるため確認が必要です。

10万円給付金の申請方法まとめ

オンライン申請と郵送方法を紹介しました。

正直オンライン側は暗証番号など多いため覚えていませんでした。メモが残っていたため良かったですが、無かったら完全に積んでいます。

このご時世自治体へ行くのは怖いため助かりました。

郵送を見ている限り簡単なため急がない人に関しては郵送での返送が一番ストレス無くできると思います。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-生活
-, , , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.