Apple Mac

iMovieの使い方解説!動画や写真で動画を編集!

投稿日:

iPhone、MacなどのAppleデバイスにはiMovieが初めからインストールされています。iMovieは動画の編集ができるソフトです。筆者は動画編集を過去に経験はあるもののiMovieを利用するのは今回が初めてです。まだ完璧に扱えていないため基礎だけを解説します。

iMovieとは?

  • iMovieとは、Appleデバイスに最初からインストールされている動画編集アプリです。もちろん無料です。
  • 動画作成ツールが豊富で動画から動画への移り変わり時のトランジションや音響も利用可能です。
  • これ1本で動画作成可能!とあるため利用している人は多いようです。筆者も動画編集の勉強のために本日から触って行こうかと思い始めてみました。
  • 基本的にiMovieで用意されている音響とかは著作権には引っかからないようですが、iTunesなどの音楽を利用する場合は著作権に注意は必要です。

iMovieで新規作成する

  • iMovieを起動します。
  • 下記画像の「+」マークを押すとムービーもしくは予告編の選択が表示されます。今回はムービーを選択します。

※ファイル名が重複した場合、新しく保存する側に上書きされるためファイル名は注意しましょう。

ビデオクリップを追加し編集する

  • Mac、iPhone内に保存されている写真もしくは動画を選択し画面下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
  • この時、映像を表示させる順番など並べていきます。
  • タイムラインに追加したビデオクリップを編集します。不要な部分を切り取りし残したい映像を編集しましょう。
  • Rキーを押しながら、ビデオクリップで取り除きたい場所をドラッグし編集枠を表示させます。
  • 編集で囲んだ場所に右クリックをすると削除をするなどの編集項目表示可能です。

タイトルや字幕を追加する

  • 映像開始時に全体説明に使用するタイトル、字幕を選択可能です。
  • 「タイトル」を選択します。いろいろなバリエーションが表示されるため好きなものをタイムラインにドラッグ&ドロップします。
  • ドラッグ後、画面右上の編集画面で文字を入力すると完了になります。
  • タイトル表示時間はタイムラインでドラッグすることにより時間を調整可能です。

トランジションを追加する

  • クリップからクリップへと切り替わる時の演出や効果です。これを行うことにより動画切り替え時の流れがスムーズになります。
  • トランジションの切り替え時の速度などを調整可能です。
  • クリップとクリップの間のトランジションを右クリックし「詳細編集を表示」をクリックします。
  • クリップとクリップのトランジションのINとOUTが表示されるため継ぎ目をずらして調整します。
  • 画面右上のビューアで確認可能です。

音楽を追加する

  • 映像には音楽や効果音は必要です。画面左上のBGM素材、効果音を使用可能です。iMovieは標準のBGM素材が表示されるためそれをドラッグ&ドロップ可能です。
  • 「オーディオ」を選択します。
  • 画面左上のサウンドエフェクト、iTunesなどを選択しBMGを選択します。
  • ドラッグ&ドロップすればタイムラインに追加されます。
  • BGMのIN、OUTの調整や音量調整可能です。下記画像閲覧していただくほうがわかりやすいです。少し小さいです。
  • BGMも写真もしくは動画のように編集可能です。BGMをサビから流したりも可能です。

iMovieを保存する

  • 編集が終わればいよいよ保存です。
  • 画面右上のファイル共有マークを選択し保存方法を選択すれば完了です。

iMovie使い方まとめ

今回は基礎的な使い方のみ説明しました。基本はタイムラインに写真や動画、BGMを追加し編集をしていきます。

より詳細な編集などもありますが、そこからハードルがあがるため困惑するかと思います。

筆者は本日から始めたので基本操作で今は手一杯です。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple, Mac
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.