Apple

iPhone、iPadなどのバックアップ作成方法徹底

投稿日:

iPhoneなどのバックアップを作成しておればデバイスの交換、修理もしくはデバイス自体に問題があった場合でも同じ状態に復元することが可能です。大事なデータを守るためにバックアップ作成を解説いたします。

バックアップ作成2つの方法

バックアップ作成方法はiCloudバックアップもしくはiTunesバックアップがあります。iCloudバックアップはデバイスにWi-Fiが繋がっている場合作成できる方法です。iTunesバックアップはパソコンの中にバックアップ作成する方法になります。両作成方法についての注意点と作成方法を説明致します。

iCloudバックアップ作成方法

1.設定からユーザ名をタップします。
2.iCloudをタップします。
3.画面下部にあるiCloudバックアップをタップします。
4.今すぐバックアップを作成をタップします。
>デバイスにWi-Fi接続されていない場合は「今すぐバックアップを作成」ボタンがグレーアウトしております。Wi-Fi接続時は青文字になっております。
5.iCloudバックアップ作成が完了すると「今すぐバックアップを作成」のすぐ下にバックアップ作成時間が表示されます。
※もしよろしければ下部で記載する「iCloudバックアップとiCloud同期の違い」に目を通して頂ければ幸いです。
  

iCloudについて解説

デバイスにWi-Fi接続されている状態でiCloudというApple側のサーバーに大切なデータを保存する方法です。Apple IDを作成しiCloudに接続すると皆様にiCloudストレージが無料で5GB提供されます。この5GB以内であればデータのバックアップが作成できると思ってください。

注意として5GB以上のデータ保存が必要になると容量オーバーになりバックアップ作成ができなくなります。その場合はiCloudストレージ容量をアップグレードしていただければ問題解決です。
iCloudストレージアップグレードは、「50GB:130円」「200GB:400円」「2TB:1,300円」になります。

iCloudバックアップとiCloud同期の違い

・iCloudバックアップとは、デバイスのデータを一つの段ボール箱に詰めて○月△日のデータとして保存します。そのためそれ以降のデータは作成しないかぎり更新されません。iCloud同期ONの項目はバックアップに含まれません。

・iCloud同期とは、デバイスにWi-Fi接続中であれば常にリアルタイムで最新のデータが保存されます。また、他のデバイスで同じApple IDでサインイン中であればデータの共有も可能です。

上記画像を見ていただけると緑色スイッチがONの項目があります。私はほぼ全てをONにしています。スイッチONかつWi-Fi接続時、バックアップにデータ保存されず、iCloudストレージに保存されております。

考え方としては、iCloudという一つの部屋があります。その中にバックアップの区画、上記画像で言うとスイッチONのメールの区画、連絡先の区画ができると想像していただければ大丈夫です。

ではiCloud同期を全てスイッチONにしておればiCloudバックアップ作成しなくてもいいのではないかと思います。もちろんスイッチONであればリアルタイムでデータ保存されております。

iCloudバックアップに含まれるデータに何があるかを説明します。
iPhoneのシステムデータ、ホーム画面のアプリの配置情報、他社アプリの情報です。ホーム画面の配置情報は大きくないですか?機種変更した後にiCloud同期だけをした場合、再度App Storeでアプリのインストールをしていく必要があります。バックアップ復元であればデータ復元後自動的にインストールはじまります。
他社アプリの情報に関しては何が保存されているかは不明です。Twitterとか含まれてはおりますが何が保存されているのか謎です。

iTunesバックアップ作成方法

1.パソコンとデバイスを純正充電ケーブル(Lightningケーブル)に接続します。
2.iTunes起動しiTunes画面左上にあるデバイスマークをクリックします。
3.上記画像中央のバックアップ項目にある「今すぐバックアップ」クリックします。
4.暗号化しますかと表示されるため、暗号化する、しないを選択するとバックアップ作成が開始されます。
>暗号化とはバックアップデータにパスワードをつけるかどうかです。暗号化パスワードを設定するとヘルスケアアプリの情報が保存可能になります。
5.バックアップ作成完了後、最新のバックアップ項目に「このコンピュータ:今日何時何分」と表示があれば作成完了になります。
※iTunesバックアップ作成はパソコンの容量内に保存します。パソコンの容量が足りない場合はバックアップ作成できないため注意が必要です。

バックアップ項目の解説

・自動的にバックアップ:「iCloud」と「このコンピュータ」の選択項目があります。こちらは画面の通り自動的にバックアップ作成をどちらにするかの選択です。iCloud選択であれば夜デバイスにWi-Fiと充電ケーブル繋がっていれば自動的にiCloudバックアップ作成されます。
このコンピュータ選択であればパソコンとデバイスを接続時iTunesバックアップ作成が自動でされます。

・ローカルバックアップを暗号化:バックアップにパスワードを設定もしくはパスワードを解除する項目になります。

・手動でバックアップ/復元
>今すぐバックアップ作成:バックアップを作成します。
>バックアップを復元:バックアップを復元します。

バックアップ作成のまとめ

iCloud、iTunesバックアップ作成の説明をしてきました。結局どっちで作成したらいいのかと悩んだ方もいるかと思われます。私個人的な見解ではあるが、iCloudストレージ容量に余裕があればiCloudバックアップ作成でいいかと思います。
Wi-Fiがない場合はお使いのキャリアショップのフリーWi-Fiを利用しiCloudバックアップ作成は可能です。そのまま機種変更して店舗でiCloudバックアップ復元もでき一石二鳥かと思います。

iTunesバックアップ作成はiCloudストレージ容量不足している場合に有効です。また、iCloudにデータを預けたくない場合です。Apple側にデータを預けるわけです。個人情報保護のため絶対データに関しては誰も閲覧不可ではあるが、万が一うまくiCloud保存できておらずデータ復元失敗した場合腹立たしいです。そのため自身のパソコンにバックアップ作成しデータを守られたい方はオススメします。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , , , , , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.