Apple

iPhone、iPadなどのバックアップ復元方法解説

投稿日:

機種変更、修理もしくは初期化した場合、以前の状態に戻すためバックアップ復元が必要になります。iCloudバックアップ復元、iTunesバックアップ復元で大事なデータを円滑に復元できる方法を解説致します。

バックアップ復元2つの方法

バックアップ作成すればその次にバックアップ復元は必須です。iCloudバックアップ作成した場合はiCloudバックアップ復元です。iTunesバックアップも同様です。復元方法は簡単です。

※バックアップ復元前の注意点

機種変更後にバックアップ復元する際の注意点です。機種変更時のデバイスは所有していたデバイスよりもiOSバージョンが低い可能性があります。工場出荷時にiOSがインストールされるため機種変更時は既に古くなっています。
例:機種変更前iOS13で機種変更後iOS12の場合です。

iOSバージョンが古いとバックアップ復元ができません。バックアップ復元開始前に必ずiOSアップデート案内があります。アップデート後にバックアップ復元が開始されるため安心してください。

iCloudバックアップ復元方法

iCloudバックアップ復元には必ずデバイスの初期設定時に実施する必要があります。一度初期設定を完了させた場合はデバイスを初期化する必要があるため注意です。

1.iPhone、iPad、iPod touchを初期設定する方法
>上記記事の5番迄進めていただき「Appとデータ」へ進みます。
2.iCloudバックアップから復元を選択します。
3.Apple IDとパスワード入力しサインインします。
4.復元したいバックアップデータを選択します。複数個バックアップデータがある場合は選択に注意します。
5.iTunes Storeへサインインする必要があるため再度iTunes Store用Apple IDとパスワード入力しサインインします。iCloudと同じApple IDの場合は問題ないです。
6.iCloudバックアップ復元が開始されます。データ量、通信速度によって復元時間に変動があるため注意です。

※iCloud同期で復元されるデータはiCloudバックアップ復元後自動的に戻ってきますので安心です。

iTunesバックアップ復元方法

iTunesバックアップ復元に関してはデバイスの初期設定時、初期設定後にも可能です。

初めてパソコンとデバイスを接続する場合

1.パソコンとデバイスを純正充電ケーブル(Lightningケーブル)に接続します。
2.パソコンとデバイスの接続と同時にiTunes画面にバックアップ復元ボタンが表示されます。
3.復元したいバックアップデータを選択します。
4.バックアップデータに暗号化パスワードを設定している場合はパスワード入力します。
5.バックアップ復元が開始されます。データ量によって復元時間の変動があります。

過去パソコンとデバイスを接続済みの場合

1.上記画像のバックアップ復元ボタンをクリックします。
2.復元したいバックアップデータを選択します。
3.バックアップデータに暗号化パスワードを設定している場合はパスワード入力します。
4.バックアップ復元が開始されます。データ量によって復元時間の変動があります。

バックアップ復元方法まとめ

バックアップ復元時はiOSバージョンの互換性で復元できない可能性があります。復元時はデバイスのiOSを最新版にアップデートしていただければ安心です。
iTunesバックアップ復元が失敗する場合はパソコンとデバイスを接続しているケーブルが純正ではない可能性があります。その場合は純正ケーブルで再度試すとうまくいく可能性があります。
iCloud、iTunesバックアップ復元時はデータ量によって時間がかかるため注意です。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , , , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.