Apple

iPhoneのスクリーンタイムとは?使い方解説

投稿日:

iOS12より実装された「スクリーンタイム」機能。各アプリの利用時間、利用制限を設定可能でとても便利です。お子様がいる家庭でもiPhoneにスクリーンタイムを設定し有害なサイトへのアクセス防止も可能です。この便利な機能を徹底解説します。

スクリーンタイムとは?

iPhone、iPad、iPod touchのiOS12から実装されています。
当日、一週間でどれぐらいアプリを利用したのかを確認できる機能です。お子様がいる家庭では、コンテンツとプライバシー制限をかけ利用時間制限やインストールできるアプリの年齢制限、Webサイト閲覧制限もかける便利な機能です。

スクリーンタイム設定方法

スクリーンタイムをオンにする

・ホーム画面→設定App→「スクリーンタイム」をタップします。スクリーンタイムで設定できる説明が記載されております。
・「続ける」を押して進みます。

・自分用の設定であれば「これは自分用のiPhoneです」を選択します。お子様用であれば「これは子供用のiPhoneです」を選択です。

※お子様のスクリーンタイムを親御様のiPhoneで管理可能です。設定をご希望される方は下記の「ファミリーのスクリーンタイムを設定」を閲覧をお願いします。
親御様はまず「これは自分用のiPhoneです」を選択し自身のiPhoneにスクリーンタイムオンだけをお願いします。

・上記選択後、下記画像が表示されます。まだ設定は完了しておりません。スクリーンタイムをオンにしただけと思ってください。
・各設定項目を説明していきます。
 

すべてのアクティビティを確認する

・使用状況を確認しましょう。
>スクリーンタイムの合計に当日何時間利用したかの確認が可能です。

・よく使われるものに「写真」と「設定」が表示されています。
>どれぐらいの時間利用したかもこちらに表示されております。

休止時間

・休止時間をONにします。

・休止時間を設定するとその時間内は一部のアプリ利用不可になります。
>下記画像であれば、開始22:00〜終了7:00までは一部のアプリ利用不可になります。

・休止時間中に利用できるアプリの選択はスクリーンタイム画面の「常に許可」設定で可能です。

App使用時間の制限

・アプリの使用時間の制限はジャンルが分かれています。設定をすると1日何分、何時間まで利用可能の設定が可能です。
>下記画像の例ですと、エンターテイメントを表示させています。
>エンターテイメント全てのアプリに使用時間制限を設定可能です。
>エンターテイメント右側の「>」を押すと個別にアプリの使用時間制限を設定可能です。
 

・下記画像は個別にアプリ選択した場合です。エンターテイメントを選択した場合も同じです。「写真」が「エンターテイメント」に表示されるだけです。
・1日の利用時間を選択し画面右上の追加をタップで設定完了です。

常に許可

・上記の「休止時間」に繋がる設定です。
・許可されたAPPは休止時間中でも利用可能です。「−」をタップすると許可されたAPPから除外されます。
・APPを選択の「+」をタップすると許可されたAPPへ追加されます。

コンテントとプライバシーの制限

・iTunesおよびApp Storeでの購入:アプリインストール、App削除、Appない課金を許可・許可しない設定が可能です。
・許可されたApp:ホーム画面上に表示されているアプリを非表示することが可能です。
・コンテンツ制限:アプリの年齢制限設定、Webコンテンツの成人向けWebサイト制限などが可能です。
・プライバシー:各設定変更許可オン・オフ設定が可能です。こちらは設定される方いるのでしょうか?と思います。
・変更の許可:パスコードの変更を許可・許可しないなどの設定が可能です。
>変更の許可で触る場所は、「パスコードの変更」「アカウント変更」ぐらいかと思います。
 

スクリーンタイム・パスコードを使用

・自身のiPhoneであれば設定不要かと思われるが、お子様用スクリーンタイム設定では必要です。App使用時間の制限などが自由に変更できてしまいます。
※こちらはiPhoneの画面ロックパスコードとは別です。

デバイス間で共有

・記載通りではありますが、別のデバイスでiCloudへサインインしていると情報が共有されます。

ファミリーのスクリーンタイムを設定

・親御様自身のスクリーンタイムから「ファミリーのスクリーンタイムを設定」選択します。自分のiPhoneから遠隔でお子様のスクリーンタイム設定を変更できます。

・「お子様を追加する」を選択するとお子様のApple ID情報を入力します。
>入力後、お子様用のスクリーンタイムの画面が表示されます。設定内容は自分用スクリーンタイムと項目が変わりません。

・「お子様用アカウントを作成」を選択するとお子様用Apple IDの作成しスクリーンタイムの設定へ推移します。

スクリーンタイムまとめ

スクリーンタイムはお子様を守るためにも有効な手順になります。パスコードをかけることによって設定変更できなくなってはいますが、画面収録などで撮影してパスコード入力画面が録画などされている可能性あるため注意です。
こまめにパスコードの変更は必要かと思われます。

流れを見ていただければ設定方法は簡単かと思われるので是非設定していただければと思います。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.