Apple

iPhoneのセキュリティは安全なのか-その1

投稿日:

iPhoneを利用していて気になる人、気にならない人で分かれてしまうセキュリティ対策。筆者はiPhoneに関しては気になりはしませんが、興味はあります。ウイルスバスター、マカフィーなど導入している人がいますが実際セキュリティは万全なのか調べてみました。

iPhoneのセキュリティ対策方法

iPhone自体にセキュリティは存在します。iOSのバージョンによってセキュリティもアップしています。もし不安と感じる人であればiOSバージョンアップが更新されるたびにアップデートしておくと良いでしょう。

・アップデート方法
1.「設定App」起動します。
2.「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択します。
3.「ダウンロードとインストール」が可能であればアップデート可能です。

AppStoreからアプリをインストールする

ネットサーフィンなどをしているとホームページからのリンク経由でアプリをダウンロードできる場合もあります。本当にそのダウンロード先はAppStoreなのでしょうか。すぐにインストールをせずにまずはSTOPを心がけてください。

疑問に思うのであればApp Storeからアプリ名を検索しインストールすることをお勧め致します。

メール、メッセージなどに届くメールを警戒する

一番注意が必要になるメールもしくはメッセージに届くメールです。iPhoneご利用されている人に関しては、お使いのAppleIDに問題がありました、本人確認をするために下記URLから本人確認をお願いします。

その先にいくとAppleIDとPWが求められてしまい入力すると第三者に情報が漏洩する仕組みです。

Appleはそのようなメールは絶対に送らないため覚えておきましょう。

他は佐川急便から、郵便局からメールが届く場合もあります。何故かAppleIDとPW入力が求められます。どちらの会社もAppleIDは関係ないため注意します。

AppleIDセキュリティを強化する

AppleIDをご利用している人は何かにサインインするときに秘密の質問が聞かれその答えを入力していますか?

秘密の質問利用者は注意が必要です。AppleID、PW、秘密の質問が第三者に漏れた場合は不正ログインされます。

ログイン後、セキュリティを2ファクタ認証に変更、セキュリティに第三者の電話番号を利用され一切手が出せなくなってしまいます。

Apple側で凍結させることは可能であるが利用者は新しくAppleIDを作る必要がでてきます。アプリなど課金されている人に関しては死活問題です。

まだ秘密の質問のセキュリティ利用者は早急に2ファクタ認証へ変更し、ご自身の電話番号を登録し第三者からのアクセスを遮断しましょう。

2ファクタ認証:AppleIDでサインインする際、信頼できるデバイス、信頼できる電話番号どちらかへ確認コードを送信し入力することでサインイン完了できます。

第三者にAppleID、PWが漏れてしまい入力をしても確認コードは第三者に送信されません。使用者にしか届かないためそれを第三者に教えない限り何もできなくしてしまいます。

これであれば不正アクセス防止ができます。

画面ロック、FaceID、指紋認証を設定する

・画面ロック
パスコードを設定します。4桁、6桁など設定が可能です。厳重にするのであれば6桁とかにするほうがよいでしょう。

簡単なパスコードである場合はiPhoneが警告として簡単するぎと表示されます。警告が表示された場合は変更をした方がよいでしょう。

・指紋認証、FaceID
簡単にロック解除されないためのパスコードとセットになる指紋認証とFaceIDです。
第三者の警戒するために必ず設定をしておきましょう。

注意としては認証を利用し画面ロックなど解除を長くしておくといざパスコードを求められた場合に忘れる人は多いです。忘れてしまい入力できず、それが10日以上続くとiPhoneを初期化するしかないため注意です。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.