Apple iPhone

iPhoneの初期化。初期化によってできることとは?

投稿日:

iPhoneを初期化すると聞くと下取りに出すのかと思ってしまいます。何事も問題なく利用できている人はそれぐらいの感覚です。しかし、初期化に関しては下取りだけではなく、iPhoneのパフォーマンスを上げる、トラブルシューティングで利用することもあります。今回は初期化とはなにか、また初期化方法の違いを説明します。

初期化とは?

iPhoneを購入した状態に戻すことを意味します。データも全て消えるためバックアップ作成が必須です。(ゲームデータなどはバックアップに含まれないためゲーム内でバックアップがあるならそこで作成すること)

初期化をする理由

・iPhoneを下取りに出す
>下取りに出す時、データが残っていると次回利用者に漏れても困るし、店側も初期化してくださいと案内されます。情報漏洩防止するためにとりあえず初期化しておきましょう。(必ずiPhoneを探すをOFFにしてください

・不具合によるトラブルシューティング
>ソフトウェアが悪いのか、ハードウェアが悪いのかを切り分けるために必要です。

・iPhoneをメンテするために一度初期化をする
>最近のスマホ、iPhoneもそうですが、本当にPCのようです。長く利用していると不要なキャッシュ(データの端くれ)が溜まってきて動作が遅くなってきます。そんな時に一度初期化をして綺麗にすると快適になります。

初期化の方法

初期化の方法は2つあります。
・iPhoneで行う「すべてのコンテンツと設定を消去」
・iTunesで行う「iPhoneを復元」と「リカバリー復元」
2つの方法は大きく違うため解説します。

すべてのコンテンツと設定を消去

・「設定App」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」と進み初期化します。

iPhoneで行う初期化の注意点としては、データのみ初期化されます。こう聞くと初期化なので当たり前では?と思うかと思います。

iPhoneの中身としては、iOSというiPhoneを動かす脳の上にデータが乗っかっています。アプリや設定している情報などです。つまり、不具合が起きている状況で初期化を実施するも改善されない場合は、iOSに問題があるのではとなります。

iPhoneを復元・リカバリー復元

・iTunesで行う初期化方法です。
PCで行う初期化方法は、「すべてのコンテンツと設定を消去」と違い、iOSとデータ全てを初期化させます。つまり完全な初期化が可能です。

iOS自体を初期化させるため不具合の切り分けがしやすいです。初期化後、iPhoneの初期設定を行いますが、バックアップの復元をしません。

何もデータを戻さない状態で設定し不具合があった項目を再現します。そこで改善があればバックアップ復元し再度試します。そこでも問題がなければ改善ありです。改善なしであればバックアップ自体に問題があったため再度初期化し、データは個別で戻すと改善します。

・iPhoneを復元
iTunesをインストールしたPC、もしくはMacにiPhoneを接続し「iPhoneを復元」を押すと始まります。

・リカバリー復元
iTunesをインストールしたPC、もしくはMacにiPhoneを接続し「iPhoneを強制再起動操作を長押し」すると始まります。

iPhoneの初期化まとめ

iPhoneで行う初期化、iTunesで行う初期化を解説しました。それぞれ重要な初期化方法です。iPhoneに問題があるのであればiTunesで行う初期化が必要になってきます。

iPhoneをリフレッシュするだけの初期化もiTunesで行う初期化になります。

下取り、譲渡するなどであればiPhoneで行う初期化で大丈夫です。ただしiPhoneを探すはOFFにしてください。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple, iPhone
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.