Apple

iPhoneのAssistiveTouchの使い方

投稿日:

近頃のiPhoneは画面が大きいため一般的な操作のとき指が届かないなど思う時があるかと思います。以前はホームボタンがあったのに今はついていないためホームボタンに代わるものがあればと感じる方もいるかと思います。そんなときホームボタンを画面上に表示させる方法を解説します。

AssistiveTouchとは

・iPhoneの画面上にホームボタンを表示させ更に複数の機能をカスタムが可能です。ホーム画面に戻ることも可能、スクリーンショットを撮ることも可能です。

・ホームボタンが破損して機能しない人にとっても非常に便利になります。または画面が大きいためショートカットが欲しいと思っている人には便利です。

・使い方はAssistiveTouchを押すとメニューが表示され希望の機能を押すだけです。
※下記画像右下に丸いボタンがあります。これがAssistiveTouchボタンになります。


・これをカスタムすることによりホーム画面に戻るなどの機能を追加可能です。
下記画像はAssistiveTouchを押した時に表示されるメニューになります。ここからホーム画面に戻ったりスクリーンショットを撮影するなどの選択が可能です。

AssistiveTouchを設定する

・ホーム画面から「設定」→「アクセシビリティ」→「身体および動作のタッチ」→「AssistiveTouch」→「AssistiveTouch」をオンにします。

・AssistiveTouchをオンにするとボタンが表示されます。
 

 

AssistiveTouchの詳細設定をする

最上位メニューをカスタマイズ

・AssistiveTouchに機能を追加できる項目になります。

・下記画像カスタムメニューが表示されています。現在は6個ですが、1〜8個まで選択可能です。

・例としてスクリーンショット項目を選択し機能を変更することが可能です。
 

カスタムアクションを設定する

・シングルタップとはAssistiveTouchを1回だけ押した時に機能します。

・タップするとホーム画面に戻る、スクリーンショットを撮るかなどの選択が表示されます。

・ダブルタップも同様です。

・どう使い分ける方が良いのか筆者ならこのように使う方法を説明します。
>シングルタップ:ホームに設定します。やはりホーム画面にすぐ戻れるのが一番かと思います。

>ダブルタップ:メニューを開くに設定します。シングルタップでも良いですが、毎度メニューを開いてホーム画面に戻るのは手間かと思います。

>長押し:Appスイッチャーを設定します。アプリをすぐに整理したいとき長押しですぐに起動できるのはありがたいです。
※Appスイッチャーとは現在起動しているアプリを全て表示させる機能です。そこからアプリの終了もしくは選択が可能です。

>3D Touch:なしに設定します。3D Touchは画面をグッと押し込むと機能します。長押しと3D Touchは少々似ているため不要かと思います。

AssistiveTouchまとめ

・今回AssistiveTouchについて説明しました。画面上にショートカットを作れることはとても便利です。また、画面が大きくなってきているため本当に指が届きません。その時非常に便利です。

筆者は左手でiPhoneを操作するのですが、どうしても画面右側に指が届かないし、ホームボタンも押しにくいため設定しています。

・他にも設定項目はありますが、利用するにあたって不要なものと感じ説明致しません。今まで利用し続けてきましたが正直何故この機能があるのか聞きたいです。

普段利用するにあたって一切利用しないため割愛致します。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.