Apple Mac

Pagesを活用したい!知ると便利なアプリです。解説その3

投稿日:

Pagesのナビゲーションメニューについて解説をしていきます。表やグラフなどを挿入しより良い資料に仕上げることが可能です。Pages機能解説については今回で終了となります。

Pagesについて

・Pagesについて改めて説明します。Pagesとは文章作成、資料作成に適したアプリになります。Microsoftの「Ward」と似ています。機能に関してもWardと大差はなく、シンプルかつ操作がしやすいです。

・テンプレートも豊富なため1から文章作成、資料作成は少ないかと思われます。プロが作成したテンプレートのためそれを用いることにより時間短縮、プロに近い完成品が作りやすいです。

・Wardは有料であるが、「Pages」はMac、iPhoneを購入された場合初めからインストールされているアプリです。無料でWardと同様の機能が利用でき高性能はかなりお得だと思います。

・Pagesをオススメしておりますが、日本においては浸透していないのが現状のためPagesで資料作成しても「Ward」ファイルを提出希望される時があります。
ほぼWard提出といっても良いかとは思います。WardはPagesに変換不可ですが、PagesはWard変換可能なため安心してください。

ナビゲーションメニューを使用する

・ナビゲーションメニューとは下記画像になります。

挿入

・挿入と聞くと画像を貼り付けるのかと思ってしまいますが、最初の挿入に関しては下記画像のようにページの区切りなどを挿入致します。

・次の段落への移動、日付と時刻の貼り付け、リンクを挿入など補助機能をつけるのが多いです。

・資料作成で一番使われるであろう表です。

・数種類の表があるため資料に適したものを選んでいただければと思います。

グラフ

・グラフには2D、3D、interactiveがあります。好みによって使い分けます。また、挿入したグラフの下部には「グラフデータを編集」とあります。

・「グラフデータを編集」をクリックすると「グラフデータ」編集画面が表示され任意の数値を入力します。

テキスト

・Pages内に文字を入力できる枠組み作成する機能です。

・枠を作成せずとも普通に入力できるため何に使うのか?と思われる人もいるかと思います。

・この機能は便利なものです。テキスト内に文字を入力した場合、テキスト枠そのものを移動することが可能です。
入力したもののレイアウトを少し変えたいなどがあった場合移動が簡単で重宝します。

・資料作成にあたってテキスト内に全て入力し作成される方もいます。やはりレイアウトの自由度が高いのが魅力と言っていました。

・通常入力であると切り取りをするかどこかへコピーするかなどになるため誤って入力したものが全て消えてしまった事故も防ぐ方法です。

図形

・そのままの意味ではありますが、図形、人、物などの画像を挿入可能です。果たしてこれを図形と言っていいのかは不明ですが、図形はもちろんあります。

・ネタなのか数が多いです。スポーツ関連の図形も多いためやはり資料作成に最適かと思います。

メディア

・メディアはMac内に保存されている写真、画像、動画、ミュージなど挿入可能です。

・主な使い方に関しては前回の解説でしておりますが、写真をそのままPages内に挿入可能です。

・イメージキャプチャを使用すると専用の枠が表示されその中に埋め込むことが可能です。ドラッグ&ドロップで画像をそのまま埋め込むことも可能ですし、フォルダからファイルを選択することも可能です。

コメント

・テキスト、オブジェクト、グラフ、表にコメントを残すことが可能です。

・この機能は便利です。どのようなグラフなのかをメモすることが可能です。編集時にこれは何のために作成したのか?など迷わないようにメモを残すとが可能ですし、社内で共有するのであれば引き継ぎにも非常に便利です。

Pagesの活用まとめ

・Pages活用の解説1〜3を致しました。少しでもPagesに興味を持っていただき利用していただければと思います。筆者はApple信者ではないですが出来る限りお金を使いたくない気持ちがあるため初めから高性能なPagesは素晴らしいと思います。

・MicrosoftのWardよりも機能が劣ると言う人もいます。しかしPagesは日々進化をし続けるアプリのためまだまだ伸びしろが大きいです。

・是非皆様も利用してください。

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

このサイトについて

工事中のため更新待ち

検索

-Apple, Mac
-, , ,

Copyright© hiroyoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.